「旨焼 もぐり」とは

こだわりの豚肉と食材を焼き手がご提供するもぐりのスタイル

2007年に広尾・天現寺交差点近くにオープンし、こだわりの豚肉を肉の旨みをのがすことのないよう、卓越した技術で焼き手がご提供するスタイルは当時から今もなお続く、もぐりのオリジナルスタイル。

岩手県花巻市の白金豚や東京都中央卸売市場食肉市場より直送される鮮度の高いホルモンにもぐり特製秘伝味噌ダレ。中でも特に味わっていただきたいのは、都内ではオーセンティックな一流ホテルともぐりでしか味わえない、鹿児島県産渡辺バークシャー牧場の黒豚肉。

渡辺バークシャーの豚肉は、旨み成分のアミノ酸含有量が多く繊維が細かいため、きめ細やかで保水性が高く弾力があるのが特徴。にもかかわらず、口あたりが軽やかでさっぱりしているため、いくらでも食べられる!とお客様からも多くのお声をいただいております。

表示価格は税込です。
上記メニューは一部となります。

もぐり本日のおまかせ 生ハム付き 2人前
お任せホルモン6種盛り
  • 豚肉のこだわり

    もぐりでご提供させていただいている豚肉は、日本全国から直接仕入れを行っています。人気のシャトーブリアンは茨城の梅里豚、ソーセージは岩手の白金豚などのように、部位によって厳選した仕入れを行っているのが特徴です。中でも、もぐりで圧倒的な存在感を誇る渡辺バークシャーは、東京都内では格式高い某ホテルの和食店ともぐりのみで味わえる希少メニュー。通常の豚肉と比較しても 5 度~8 度も脂肪融点が低い驚きの 28 度。体温よりも低い温度で脂が下で溶けていくので、胃もたれもせずさっぱりと食べられます。

  • タレのこだわり

    もぐりで使用している秘伝の旨ダレは、オーナー盛島のおばあちゃんの門外不出、唯一無二のレシピを受け継いだもの。
    1960 年頃に誕生したそのタレは、盛島の手によって日々継ぎ足しながら大切に繋がれ、その味の系譜は広尾の地で根を下ろし、息づいています。
    甘さの中に歴史を感じさせる奥深い味わいが楽しめるタレは、ご来店のお客様からもご好評をいただいておりますが、残念ながら現在、盛島のみぞ知るレシピとなっております。

  • 野菜のこだわり

    甘味もあってみずみずしいとご好評いただいている野菜の多くは、茨城県の「もぐり農園」で生産を行っています。
    約 1000 坪の農園で作られている野菜は、年間 30 種類から 40 種類で当然無農薬栽培。土にこだわった生産方法を用いていて、粘土質の土壌を活かした肥料を配合。その風土に適した野菜を育てています。
    作り手の技術によって引き出された、野菜本来持つ旨味を、季節によってさまざまな採れたて野菜が堪能できます。

店舗情報

店  名
「旨焼もぐり」
住  所
〒106-0047 東京都港区南麻布4-14-3 幸ビル1F
営業時間
火~金 17:00~24:00 (L.O.23:00)
土・日 17:00~23:00 (L.O.22:00)
※変更の可能性がございますので詳しくはお問い合わせください
定 休 日
月曜日
T E L
03-5789-2929